blog

Just another WordPress site

パレートの法則

こんばんは

小さな会社・小さなお店の売上・利益を伸ばすコンサルタント
今泉武史です。

 

昨日のブログでも書きましたが
あなたは「パレートの法則」を
ご存じですか?

https://area-one.jp/blog/?p=1389

 

「20:80の法則」

とも言われています。

例えば、小売業などでは

「売上上位20%のアイテムが80%の売上を作る」

と言われていました。

「顧客の20%が80%の売り上げを作る」

という言い方もされます。

どこかで耳にしているかもしれません。

 

今日はもうちょっとくわしくお伝えしたいと思います。

どのように考え、どのように使うか?

を試していただけるとうれしいです。

 

SV(店舗指導)の仕事をしている時も
バイヤーの仕事をしている時も
「パレートの法則」に従っていました。

「パレートの法則」と
「ABC分析」とを掛け合わせて
使っていました。

累積売上構成比でとらえていましたが

~70%の商品がA商品

71~90%の商品がB商品

91~100%の商品がC商品

と位置づけていました。

数値は会社によっても異なると思います。
A商品を80%までにしなかったのは、
絞られすぎてしまって、アイテムの幅が
広がっていかないからです。

A商品の展開をとらえたときに

・売り場全体の70%以上確保されているか?

・売れる場所で展開されているか?

ということを店舗指導では行っていました。

バイヤーになってからは
上位5アイテムで売上の30%になるよう
商品力を磨いていきました。

これを行うと、売上が必ず上がります。

売り上げ上位アイテムが
さらに売れるようになるからです。

売れやすい商品が
もっと売れると、
会社全体の売上を引っ張り上げていきます。

パレートの法則は
いろんなことに応用が効きます。

例えば、Aランクの顧客への接客回数や時間が
接客時間の80%になっているか?

などは、最近社内会議でも議題に上り
やり始めていることです。

商売は常連客が一番大事になります。

最近、ちょっとそういう面が弱くなっていたので
反省しています。

どうしても全体の数字を
上げたくなってしまいます。

単品ごとの売上であったり、
顧客も全員に満足してもらおうと思ってしまいます。

しかし、それは極めて非効率になります。

もちろん、
どんなお客様も常連客になっていただくようにすることは
とても大事になります。

ロイヤリティーの高いお客様に
高サービスを提供する方が
感謝度合いも満足度も高くなります。

結果的に売上に繋がっていきます。

◆-------------------------◆

株式会社  エリアワン

代表取締役  今泉 武史

◆-------------------------◆

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Page Top