1年以内に売上倍増を目指す経営者あなたへ

地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト

地域一番店の作り方 売上UP 雑事・私論

幸運の七か条-しないでいられないことをし続けなさい

投稿日:

こんばんは

小さな会社、小さなお店のコンサルタント今泉武史です。

 

今さらながら「ゲゲゲの女房」を見ました。
AmazonPrime恐るべしです・・・。

ちょいちょい色んな映画は見てましたが
今回は結構ガッツリとかなりハマりました。

 

水木しげるは、決して若いうちから売れていたわけではなく
40歳過ぎに売れ始めた大器晩成型でした。

売れるまでかなり時間もかかり
苦労もした方でした。

 

僕は色々な挫折経験をしながらも
天職に生きた人の話であり
そうありたい人の見本の物語のように
思えて見てました。

 

ドラマの中にもちょいちょいと
心に響く言葉がありました。

ちょっとネットで検索してみました。

 

幸福の七か条というのが出てきました。

ドラマの中でもセリフとしても出てきた言葉があります。

 

幸福の七ヶ条

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第二条 しないではいられないことをし続けなさい。
第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第四条 好きの力を信じる。
第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第六条 怠け者になりなさい。
第七条 目に見えない世界を信じる。

 

特に僕には

第二条 しないではいられないことをし続けなさい

第四条 好きの力を信じる

第5条 才能と収入は別。努力は人を裏切ると心得よ

が響きました。

 

水木しげる自身が40歳過ぎまで
売れずにいました。

彼は若い時に戦争で左腕を無くしています。
そんな体験から、売れない苦しみよりも
自分が好きな事をやって生きていけていることに
幸せを感じていました(ドラマの中では)。

 

そして、最終回の近くに
自分の娘に言うのです。

「好きな事をして生きるということと
 楽して生きるということは
 ちょっこし違うんだ」

と。

しないでいられないことを仕事にすると
多少嫌なことがあろうとも
のりこえられるのだ、ということを
教えています。

 

仕事をしていればいい時もあれば
そうでない時もあります。

順調に物事が進んでいる時にすら
まさかの横やりが入ったりします。

 

そういう時でも、
自分が本当にやりたい事
しないではいられないことを仕事にすると
些細なことにすぎなくなる

と言いたかったのではないでしょうか?

 

僕の仕事の師匠に、

20代の頃に言われたことがあります。

師匠:「今泉のいい所は、仕事に打ち込んでいることだよ。

    一生懸命さにかなう奴はいないんだよ。

    何でもいいから一番になれ!」

と。

20代の頃、僕はスーパーの惣菜の仕事が
大好きでした。

 

休みのたびに県外の有名店や
競合他社、先輩社員の店に
見学に行きまくっていました。

 
見るのが楽しかったんです。

まさに「しないではいられないこと」でした。

なので、いまだに旅に出ると必ず地元の
スーパーを見に行ってます(笑)

それが国内であろうと、海外であろうと・・・
家族に嫌がられようと・・・f^^;

 

それが仕事とリンクしていると

きっと幸せな生き方に繋がるのだと思います。

僕の元にやってくる経営者の方たちは
商品に対する並々ならぬ愛着を持っています。

不器用で。
でも、その商品のことを語らせると
止まらないくらいしゃべり続けてしまうほど大好きで。

見ていて応援したくなる人ばかりです。

しないでいられないことをし続けている人は
魅力的な人に見えます。

あなたにとって

「しないではいられないこと」

って何ですか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今泉武史

今泉武史

1973年群馬県桐生市生まれ。   1997年より地元群馬県のスーパーマーケットの惣菜部門で働く。 2年目より1番店を任されて天狗になる。 2年後、競合店が出来、売上急落・・・。 会社の至上命題は3か月以内に売上を100%に戻せ! 「いったい何をどうやったら??」   安売り競争で戦うスーパーだが、作りたての手作り惣菜と弁当に力を入れ一気に売上を盛り返す。 この時に 「お客様が求めているのは安いものではない!お客様が求めるものを提供できれば売上は上がる!」   ということを実感。 その後50店舗、約48億円の惣菜部門の 店舗指導・バイヤーを歴任する。 若手社員が多い部門に、自身が模索した 売上が上がるメソッドを導入し、次々と売上UPする店舗が続出。 売上アップしたノウハウを持って 独立起業したものの、わずか2年で断念。 集客が出来ない苦しさと悔しさを痛感する。 その後、再びサラリーマンに戻る。 ネット通販兼卸売会社でネット向け商品開発と 飛び込み営業を経験する。   お客様は勝手に来る、 と思っていたスーパーマーケット時代と打って変わって、 自分の知恵と足を使って お客様獲得しなければならないことを見を以って知る。   この時に、1年間で約100社の法人顧客開拓をした 経験が後にマーケティング思考に役立つ。 その後東京のコンサル会社からヘッドハンティングされ転職。   2年間東京のマーケティング系コンサル会社に 前橋から2時間通勤で通う。   この会社でたった一人1カ月間で1000万円を売上る。 そしてインターネットマーケティングの力を思い知る。   その後再び独立。   小さな会社・小さなお店の救世主として 日夜コンサルティングに励む。 50店舗のチェーン店の店舗指導の経験に基づいた わかりやすく、成果が出るノウハウと ネットマーケティングのスキルを活用した 集客メソッドを活用して 日々クライアントの会社が復活していく。   クライアント達の中には、宣伝広告費をほとんど使わないで 売上が2倍、3倍、5倍と伸びるものもいる。   また、短期間で結果が出ることから 「今泉マジック」と呼ばれている。  

もっと読み進めたい人気記事

-地域一番店の作り方, 売上UP, 雑事・私論
-, , , ,

Copyright© 地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.