1年以内に売上倍増を目指す経営者あなたへ

地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト

お店の利益増

ABC分析とデシジョンテーブル

投稿日:

 

マニアックな言葉が飛び交うと思いますが・・・スミマセン(笑)

複数の商品を販売をされている方は
ABC分析使っていますか?

ABC分析を行うことで、

・何が売れ筋
・何が死筋

なのか?がわかります。

小売業の場合、売れ筋商品のフェーシング(陳列数)を
広げていくことで売上アップします。

例えば、コンビニに行くと

【湖池屋ポテトチップスのり塩】

が3フェース(列)陳列されていることがあります。

単純に1フェース(列)で陳列するよりも、
2~3倍の販売量が増えます。

お店の場合は陳列スペースに限りがあります。
売れ筋商品の売り場面積が広くなると
売上が上がります。

つまりお店全体の販売効率が高まります。

これを飲食店などで応用すると
メニュー表の配置です。

売れ筋商品をメニューどこに配置するか?

だけで売上が上がります。

あるいは、卓上のPOPに

「迷ったら時はコレ!」

みたいなキャッチコピーで掲載すると
その商品はますます売れるようになります。

売れ筋のA商品というのは
売上構成比の上位80%にいる商品です。

【2割の商品が8割の売上(利益)を構成する】

と言われますが、本当にそうです。

もし、2割以上の商品数がA商品になっているとしたら
売場でチャンスロス(機会損失)が起こっています。

売れ筋を売り逃している可能性が高いです。

逆に、A商品が特定の商品に偏っている場合は
看板商品がしっかりとできている証拠です。

ただし、オリジナル商品の場合に限ります。

仕入商品がA商品になっている場合は
価格競争で持って行かれるリスクも同時に持っています。

分析をしたら、

「次に何をするべきなのか?」

という意志決定が、とても大事になります。

【デシジョンテーブル】 

というのは意思決定を促すためのものです。

メルマガだと図解しにくいのですが

僕がクライアント企業のABC分析をするときは
単品売上高のABC分析だけでなく
利益率でのABC分析も作成します。

そのうえで、

売上ランクA 利益ランクA
売上ランクA 利益ランクB
売上ランクA 利益ランクC 

売上ランクB 利益ランクA
売上ランクB 利益ランクB
売上ランクB 利益ランクC 

売上ランクC 利益ランクA
売上ランクC 利益ランクB
売上ランクC 利益ランクC 

の商品は何をすべきなのか?

ということを大まかに伝えていきます。

分析を分析だけで終わらせても意味がないので
次に具体的に何をするのか?という意志決定を
早く、ぶれなく行うためです。

複数商品販売を行っている方は
ぜひABC分析をやってみてくださいね!

このメルマガを読んでいる読者のかたは
これから起業しようと思っている方もいると思います。

その方たちからすると

「ABC分析って言われたってさ~」

と思われると思いますが、
僕がどのようにして過去の仕事を現在の資産に変えているか?

という視点でとらえると
面白いと思います。

まさに生きた事例ですからね^^

真面目にサラリーマンをやってきた人は
仕事でコンサルタントになれます。

自分の悩みに真面目に取り組んできた人も
その分野でのエキスパートになれます。

もちろん個人だけでなく
お店を経営されている方も
ご自身の悩みを解消した揚句は
今困っている同業経営者の方に
そのノウハウをお伝えすることで
新たな収益柱が立ちます。

自分でお店を経営していたわけではありませんが
一担当者として、小売店の経営を行い
最終的には約50店舗を統括して
指導を行ったり、仕入れ業務を行っていました。

その時の経験を持ちと、
インターネットビジネスと出会ったおかげで
充実したビジネスマンライフを送れています。

ただノウハウを見て学ぶだけでなく
僕自身の稼ぎ方も見て学んでいただけると
僕自身もうれしく思います。

 

 

 

◆-------------------------◆

    株式会社  エリアワン

    店舗集客コンサルタント  今泉 武史

◆-------------------------◆

◆ BLOG:『やり直したい社長さんと、ゼロから学びたいあなたのための
       集客教習所』

【あなたのビジネスに集客力を!】

集客教習所というコンセプトでゼロから起業したい方へ
集客を学び直したい真面目な経営者の方にお役立ち情報を
提供しています。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今泉武史

今泉武史

1973年群馬県桐生市生まれ。   1997年より地元群馬県のスーパーマーケットの惣菜部門で働く。 2年目より1番店を任されて天狗になる。 2年後、競合店が出来、売上急落・・・。 会社の至上命題は3か月以内に売上を100%に戻せ! 「いったい何をどうやったら??」   安売り競争で戦うスーパーだが、作りたての手作り惣菜と弁当に力を入れ一気に売上を盛り返す。 この時に 「お客様が求めているのは安いものではない!お客様が求めるものを提供できれば売上は上がる!」   ということを実感。 その後50店舗、約48億円の惣菜部門の 店舗指導・バイヤーを歴任する。 若手社員が多い部門に、自身が模索した 売上が上がるメソッドを導入し、次々と売上UPする店舗が続出。 売上アップしたノウハウを持って 独立起業したものの、わずか2年で断念。 集客が出来ない苦しさと悔しさを痛感する。 その後、再びサラリーマンに戻る。 ネット通販兼卸売会社でネット向け商品開発と 飛び込み営業を経験する。   お客様は勝手に来る、 と思っていたスーパーマーケット時代と打って変わって、 自分の知恵と足を使って お客様獲得しなければならないことを見を以って知る。   この時に、1年間で約100社の法人顧客開拓をした 経験が後にマーケティング思考に役立つ。 その後東京のコンサル会社からヘッドハンティングされ転職。   2年間東京のマーケティング系コンサル会社に 前橋から2時間通勤で通う。   この会社でたった一人1カ月間で1000万円を売上る。 そしてインターネットマーケティングの力を思い知る。   その後再び独立。   小さな会社・小さなお店の救世主として 日夜コンサルティングに励む。 50店舗のチェーン店の店舗指導の経験に基づいた わかりやすく、成果が出るノウハウと ネットマーケティングのスキルを活用した 集客メソッドを活用して 日々クライアントの会社が復活していく。   クライアント達の中には、宣伝広告費をほとんど使わないで 売上が2倍、3倍、5倍と伸びるものもいる。   また、短期間で結果が出ることから 「今泉マジック」と呼ばれている。  

もっと読み進めたい人気記事

-お店の利益増

Copyright© 地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.