1年以内に売上倍増を目指す経営者あなたへ

地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト

セールス

販促は、どんな表現をするか?

投稿日:2009年1月18日 更新日:

3歳になったばかりの僕の息子は、マクドナルドを見ると

「アラミだ!」といいます。

CMの最後に「I'm lovin it」が「アラミ」と聞こえるから

です。

なので、我が家ではマックのことを「アラミ」と呼んでいます。

日本マクドナルドが関東圏限定で11:30~13:30まで、

ランチサービスを始めたそうです。

マックの理由は、

「世の中を応援したい」

とのことです。

イトーヨーカドーや、その他の外食産業の一部などでは

「円高還元セール」という切り口で販促を行っています。

マックも原料は輸入が多いだろうから、

この円高の恩恵は充分受けているだろうけど

今からその切り口では、新鮮さもありがたさも感じません。

でも、「(不景気な)世の中を応援したい」ということでの

値下げは、新しい切り口なので受け入れられやすいことでしょう。

販促も表現を変えれば、新たな切り口に生まれ変わります。

今まで行ったことのある販促を

もう1回見直してみると面白いかもしれないですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今泉武史

今泉武史

1973年群馬県桐生市生まれ。   1997年より地元群馬県のスーパーマーケットの惣菜部門で働く。 2年目より1番店を任されて天狗になる。 2年後、競合店が出来、売上急落・・・。 会社の至上命題は3か月以内に売上を100%に戻せ! 「いったい何をどうやったら??」   安売り競争で戦うスーパーだが、作りたての手作り惣菜と弁当に力を入れ一気に売上を盛り返す。 この時に 「お客様が求めているのは安いものではない!お客様が求めるものを提供できれば売上は上がる!」   ということを実感。 その後50店舗、約48億円の惣菜部門の 店舗指導・バイヤーを歴任する。 若手社員が多い部門に、自身が模索した 売上が上がるメソッドを導入し、次々と売上UPする店舗が続出。 売上アップしたノウハウを持って 独立起業したものの、わずか2年で断念。 集客が出来ない苦しさと悔しさを痛感する。 その後、再びサラリーマンに戻る。 ネット通販兼卸売会社でネット向け商品開発と 飛び込み営業を経験する。   お客様は勝手に来る、 と思っていたスーパーマーケット時代と打って変わって、 自分の知恵と足を使って お客様獲得しなければならないことを見を以って知る。   この時に、1年間で約100社の法人顧客開拓をした 経験が後にマーケティング思考に役立つ。 その後東京のコンサル会社からヘッドハンティングされ転職。   2年間東京のマーケティング系コンサル会社に 前橋から2時間通勤で通う。   この会社でたった一人1カ月間で1000万円を売上る。 そしてインターネットマーケティングの力を思い知る。   その後再び独立。   小さな会社・小さなお店の救世主として 日夜コンサルティングに励む。 50店舗のチェーン店の店舗指導の経験に基づいた わかりやすく、成果が出るノウハウと ネットマーケティングのスキルを活用した 集客メソッドを活用して 日々クライアントの会社が復活していく。   クライアント達の中には、宣伝広告費をほとんど使わないで 売上が2倍、3倍、5倍と伸びるものもいる。   また、短期間で結果が出ることから 「今泉マジック」と呼ばれている。  

もっと読み進めたい人気記事

-セールス

Copyright© 地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.