1年以内に売上倍増を目指す経営者あなたへ

地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト

お店の利益増 お店の売上アップ

元AKB島崎遥香キモオタ発言引退!?

投稿日:2018年10月11日 更新日:

こんばんは

アイドルをはじめ芸能ネタに疎い今泉です。

昔予備校時代の友人に
モーニング娘のライブに
誘われましたが
誰が誰かわからないから行かない
と断ったことがありました。

普段は小さな会社・お店の
売上UP、集客力UPのコンサルティングやってます。

 

当然AKBは、当然誰が誰だかわかりません・・・

去年NHKの朝ドラ「ひよっこ」を見ていたので
この島崎遥香ちゃんという子は見たことありました。

ネットニュース見てびっくり!!

引退説が出てました。

この年で!?

と思ったけど内容聞いて納得。

島崎は2016年にAKBを卒業。
“脱アイドル”のつもりか、女優1本で行くことを明言していたが、

とにかく島崎のファン嫌いは

ネット中心に批判の嵐だった。

「劇場に足を運び、

握手権の入っているCDを

大量購入してくれるファン。

自分の生活な糧なのに、

そんなファンを『キモオタ』と呼び、

迷惑な限りだと言い放ってきたのが島崎。

そんなファンとの

肝心な接点である握手会は、

理由をつけて欠席するのが

当たり前。

『なんであんなネチャネチャの

キモい手を握らなきゃならないの。

ヤダ!』

とはっきり言ったほど。

“塩対応”なんて言葉、

ジョークにもなりません。

完全にアイドル失格です」

(AKBライター)

(中略)

ところが驚いたことに来る10月12日、

島崎はファンと一緒に行く

 

『ぱるると行く!九周年九州旅行ツアー!』

 

なる2泊3日の企画を開催。

 

ファンと親睦を深めるというのだから大笑いだ。

「完全に尻に火がついた感じ。

 

年内ドラマは日曜10時過ぎの

日本テレビドラマ『今日から俺は!!』にゲストで出る程度。

単にワガママというより、

何にでも文句を言うのが彼女。

干されるというより、

みんなに敬遠される感じでしょう。

ファンツアーなんて落ち目の

元『モーニング娘。』の連中が

よくやっていた手口で、

完全に引退前の荒稼ぎでしょうね」

(前出のAKBライター)

ただ・・・

まだうら若き乙女が
仕事とはいえ
脂ぎった中年男たちの
手汗びっちょりの手を

握手しなければならない状況は
かわいそうではありますよね・・・。

嫌だと言いたい気持ちは
わかります。

「もっとさわやかになれよ!

って言いたくなりますよねf^^;

気もち悪い、
と言いたくなる気持ちは
理解をしつつも、プロだからね。
 
この子がダメなのは

自分の仕事を支えてくれている
ファンの人たちを
バカにしていた点ですよね。

新入社員の頃、
僕が働いていたスーパーの
名物店長の一人に岡田みっちゃんと
呼ばれて親しまれていた方がいました。

そのみっちゃんに
新入社員研修の時に
言われたことがありました。

「あなたたちが

これから頂くお給料は
誰からくるとおもいますか?

社長からもらえる?

いいえ、違います。

今この瞬間に
お買いものをされている
お客様のお一人お一人から
頂くんです。」

 

と。

 

誠にその通りです。

みっちゃん素晴らしい店長でした。

 

島崎遥香ちゃんがあかんかったのは
天に向かってつばを吐くような
行為をしちゃったってこと。

お客様だって
自分が馬鹿にされるのわかったら
いつまでもファンで居ようなんて
思わないもんね。

でもね

これって、
この子だけの問題じゃないよね・・・

って思うわけです。

僕も反省すべき点は多々あります。

もっとお客様に密に関わったらよかったな

とか

声掛けしたら良かったかも・・・

とか

思うことはあります。

 

あなたにも思い当たる節が
あるんじゃないですか?

それを責めるつもりもありませんし
「だから人の批判はやめよう!」とか
そういうことを言いたいわけじゃありません。

 

人の振り見て我が振り直せ

じゃないですが、
彼女の行為からも
たくさんのことが学べると思うんです

 

これは僕の個人的な想いになりますが
ちょっとお付き合いください。

忙しい、手が回らないということは
仕事やってたら確かにあるけど
お客様にもっと近づくことは
したいなぁ

まだ独立したばかりの頃の僕は
ちゃんとそういうことが出来てた・・・。

集客に困ってそうなクライアントさんがいたら
メールで

「その後いかがですか?

 何かお力になれることありますか?」

とか、

電話掛けたりも出来てた

だんだんと、そういうお客様に寄り添うよりも
自分の都合を優先させて仕事することが
増えてきてしまった・・・。

 

島崎遥香ちゃんを

「こいつあかんやつやん」

って言うのは簡単。

 

でも、自分の中にも
ついつい傲慢・怠慢・自堕落・無知に
陥る瞬間はある。

100%完璧を求めたって
機械じゃないから100%は出来ない。

でも、お客様に愛情を持つこと
気に掛けることは出来る。

時々TVドラマで
見かけていた子なので
ここからファンの方たちを
大切に出来る素敵な女優さんに
なっていってほしいです。

この子のあかん行動から
わが身を振り返る機会を
頂くことが出来ました。

この子の、この行動から
お客様を気遣える経営者を目指したい
思った次第です。

僕は今自分で会社を経営しているけど
気持ちはやっぱり商人です。

お客様に喜んでいただくことに
自分の喜びを感じる人間です。

これからも

「そうありたいと」

再確認できました。

 

今月弊社は7期目に突入しました。

新しい期に入る時は
いつも原点を思い出します。

自分が本当に体現したい経営を
進めて行きたいと思います。

エリアワンでは小さな会社・お店の
売上UPにお役に立つ情報を
提供しています。

 

メルマガにご登録ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今泉武史

今泉武史

1973年群馬県桐生市生まれ。   1997年より地元群馬県のスーパーマーケットの惣菜部門で働く。 2年目より1番店を任されて天狗になる。 2年後、競合店が出来、売上急落・・・。 会社の至上命題は3か月以内に売上を100%に戻せ! 「いったい何をどうやったら??」   安売り競争で戦うスーパーだが、作りたての手作り惣菜と弁当に力を入れ一気に売上を盛り返す。 この時に 「お客様が求めているのは安いものではない!お客様が求めるものを提供できれば売上は上がる!」   ということを実感。 その後50店舗、約48億円の惣菜部門の 店舗指導・バイヤーを歴任する。 若手社員が多い部門に、自身が模索した 売上が上がるメソッドを導入し、次々と売上UPする店舗が続出。 売上アップしたノウハウを持って 独立起業したものの、わずか2年で断念。 集客が出来ない苦しさと悔しさを痛感する。 その後、再びサラリーマンに戻る。 ネット通販兼卸売会社でネット向け商品開発と 飛び込み営業を経験する。   お客様は勝手に来る、 と思っていたスーパーマーケット時代と打って変わって、 自分の知恵と足を使って お客様獲得しなければならないことを見を以って知る。   この時に、1年間で約100社の法人顧客開拓をした 経験が後にマーケティング思考に役立つ。 その後東京のコンサル会社からヘッドハンティングされ転職。   2年間東京のマーケティング系コンサル会社に 前橋から2時間通勤で通う。   この会社でたった一人1カ月間で1000万円を売上る。 そしてインターネットマーケティングの力を思い知る。   その後再び独立。   小さな会社・小さなお店の救世主として 日夜コンサルティングに励む。 50店舗のチェーン店の店舗指導の経験に基づいた わかりやすく、成果が出るノウハウと ネットマーケティングのスキルを活用した 集客メソッドを活用して 日々クライアントの会社が復活していく。   クライアント達の中には、宣伝広告費をほとんど使わないで 売上が2倍、3倍、5倍と伸びるものもいる。   また、短期間で結果が出ることから 「今泉マジック」と呼ばれている。  

もっと読み進めたい人気記事

-お店の利益増, お店の売上アップ
-, , , ,

Copyright© 地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.