1年以内に売上倍増を目指す経営者あなたへ

地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト

マーケティング

お客様との距離を近づける

投稿日:

自分がお店で働いていた時は
時間がある時に極力、ぐらいしかできませんでしたが
お客様との心理的な距離を詰める、ということを
意識していました。

今 泉:「いらっしゃいませ~!」

お客様:「こんにちは、今日のおすすめは何かしら?」

今 泉:「今日は『いわしの梅煮』です。
     取れたてのいわしを紀州の梅で煮たのですが
     おかずにもおつまみにもいいですよ!」

お客様:「じゃあ、それをいただこうかしら」

そんな感じで、お昼と夕方のピークタイムには
常に売場に立って、お客様と接するようにしていました。

たったそれだけの会話でしたが、
確実に売上は伸びていました。

特に夕方のピークタイムには
自ら売場で対面試食もしながら
単品で夕方だけで2万円は売るぞ!

と思いながらやっていました。

「なんだたった2万円か」

と思われるかもしれませんが、
単品の価格が100~高くても300円の商品ですから
67~100個を夕方だけで販売するわけです。

もちろん、他の商品もあってのことです。

夕方17時がスーパーの折り返しなのですが
17時以降閉店までに僕がいたお店は約25~30万円の
売上がありました。

店内を通過しているお客様に

「どうしたら瞬間的に「買いたい」と思っていただけるか?」

「どうしたら、このお店の惣菜の商品のファンになってもらえるか?」

ということを考えていました。

商品力があることは最低条件なのですが

・作りたてであること

・目立つこと

・お客様と仲良くなること

・購入しやすい提供単位で販売していること

が惣菜部門での売れる条件でした。

スーパーマーケットの基本はセルフサービスです。

お客様が勝手に選んで勝手に買って行きます。

が、ほとんどのお客様は(約8割と言われています)
今夜食べる献立を決めずに買い物に来られています。

だからこそ、瞬間的に、
「食べたい」と思っていただく必要があるのです。

店内の仕組みとしては

・作りたてであること
は作業オペレーションで組んでいくことができます。

・目立つこと
はPOPを立てることで解決できます。
(文言の内容はさておきとして・・・)

・購入しやすい提供単位で販売すること
も、作業指示を出すことで解決できます。

・お客様と仲良くなること
は、自らフレンドリーに接客しないと
なかなか仲良くはなれません。

当然、努力したところで
仲良くなれないお客様もいます(笑)

でも、そういった行動をとっていくことが大事なのです。

次に通販会社に入った時に

・お客様と仲良くなること

が大事だということは確信を持ちました。

店舗の無い通販会社では
お客様とのコミュニケーションをいかに取るか?で
売上が大きく変わってしまうからです。

最近は特に自分の原点である「店舗ビジネス」を
されている方向けに、「通販ビジネス」で学んだ
マーケティング方法をミックスしながら
クライアントさんたちの実績を高めています。

特にお客様との距離を詰める施策は功を奏しています。

ぜひ、あなたの売上も伸ばしていってください。

グループコンサルティングは
定員に達しましたので募集終了いたします。

次回は半年後になります。

お付き合いありがとうございました。

今日からまた売上UPのお役立ち情報を
配信していきたいと思います。

◆-------------------------◆

    株式会社  エリアワン

    代表取締役  今泉 武史

◆-------------------------◆

◆ BLOG:『やり直したい社長さんと、ゼロから学びたいあなたのための
       集客教習所』

【あなたのビジネスに集客力を!】

集客教習所というコンセプトでゼロから起業したい方へ
集客を学び直したい真面目な経営者の方にお役立ち情報を
提供しています。

【集客教習所メルマガ】はコチラ

 
 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今泉武史

今泉武史

1973年群馬県桐生市生まれ。   1997年より地元群馬県のスーパーマーケットの惣菜部門で働く。 2年目より1番店を任されて天狗になる。 2年後、競合店が出来、売上急落・・・。 会社の至上命題は3か月以内に売上を100%に戻せ! 「いったい何をどうやったら??」   安売り競争で戦うスーパーだが、作りたての手作り惣菜と弁当に力を入れ一気に売上を盛り返す。 この時に 「お客様が求めているのは安いものではない!お客様が求めるものを提供できれば売上は上がる!」   ということを実感。 その後50店舗、約48億円の惣菜部門の 店舗指導・バイヤーを歴任する。 若手社員が多い部門に、自身が模索した 売上が上がるメソッドを導入し、次々と売上UPする店舗が続出。 売上アップしたノウハウを持って 独立起業したものの、わずか2年で断念。 集客が出来ない苦しさと悔しさを痛感する。 その後、再びサラリーマンに戻る。 ネット通販兼卸売会社でネット向け商品開発と 飛び込み営業を経験する。   お客様は勝手に来る、 と思っていたスーパーマーケット時代と打って変わって、 自分の知恵と足を使って お客様獲得しなければならないことを見を以って知る。   この時に、1年間で約100社の法人顧客開拓をした 経験が後にマーケティング思考に役立つ。 その後東京のコンサル会社からヘッドハンティングされ転職。   2年間東京のマーケティング系コンサル会社に 前橋から2時間通勤で通う。   この会社でたった一人1カ月間で1000万円を売上る。 そしてインターネットマーケティングの力を思い知る。   その後再び独立。   小さな会社・小さなお店の救世主として 日夜コンサルティングに励む。 50店舗のチェーン店の店舗指導の経験に基づいた わかりやすく、成果が出るノウハウと ネットマーケティングのスキルを活用した 集客メソッドを活用して 日々クライアントの会社が復活していく。   クライアント達の中には、宣伝広告費をほとんど使わないで 売上が2倍、3倍、5倍と伸びるものもいる。   また、短期間で結果が出ることから 「今泉マジック」と呼ばれている。  

もっと読み進めたい人気記事

-マーケティング

Copyright© 地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.