1年以内に売上倍増を目指す経営者あなたへ

地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト

お店の売上アップ

お店の売上を伸ばすには●●にフォーカスする

投稿日:

みなさんは
お店の売上を伸ばそうと思った時には
どんなことに取り掛かりますか?

・売筋商品の取り扱いを増やす

・流行商品を取り扱う

・ライバルに負けない取扱いをする

・セールを行う

でしょうか?

そういうことも大事だと思います。

否定はしません。

売れる商品取り扱わないと売上伸びないですし
流行商品扱わないとお客様も飽きますし
話題性もなくなります。

セールも必要ですよね。

でも、ライバルに負けない品揃えをする

という点は、違うんです。

僕はスーパーマーケットで働いていました。

その時にはベイシアという
かなりディスカウント力のある
ショッピングモールが300m先にできてしまいました。

その時に、社長を始め、専務、店長などからは

「ライバル店を見に行け!」

と言われ続けました。

で、値段合わせや品揃えを同じようなものにしていったのです。

が、気づきました。

【それは間違いなのだ】

ということに。

僕はPOSデータとにらめっこして、
実際にお客様が購入している商品に
フォーカスしました。

実際に売れている商品=支持されている商品

です。

ライバル店ではなく、
自分のお店を選んで購入している商品は
自店の【強み】です。

それからは、強みにフォーカスして
品揃えを変えました。

当時僕がいたお店では、
お弁当と和惣菜(煮物)が【強み】でした。

そこで、お弁当のサイズも大中小をそろえ
惣菜の少量パックも増やしました。

お弁当とついでに購入する商品も増やしました。
勢い余って、25食限定で11:30に作りたてで
蒸したての茶わん蒸しも販売してました(笑)

惣菜のコンサルタントがその商品を見て
その後「食品商業」という業界紙に
さも自分のアイディアのように書かれたこともありました(笑)

自社の強みにフォーカスした結果、
3か月以内に、落ち込んでいた売上を約27%戻しました。

僕の売上アップの原体験はこの時のことです。

それ以来、お店の売上を上げるときは
「強みは何か?」という視点でとらえるようにしています。

その結果、売上を伸ばす店舗が増えています。

売上で困っている方は
宣伝広告費をねん出するのも大変です。

なるべく短期間で売上アップをし
そのお金を広告費に変える、というやり方をしています。

毎週水曜日のグループコンサルでも
島根県のサロンの方は、
この2か月ほどは自店の強みを発見し、
そのうち出しをし始めました。

その結果、まだほとんど告知もしてませんが
その強みを入り口にして人が来るようになり
30万円以上の高額商品が売れるようになりました。

たて続けで4件か5件売れるようになりました。

強みを発見し、
それを打ち出していくことで
売上は変わります。

しかし、自分ではなかなか自分の強みに
気づくことはできません。

そんな時に、毎週のグループコンサルは
あなた自身の強み発見にお役に立ちます。

どんな激戦であっても
価格競争に陥ることなく、
売上を伸ばしす突破口になります。

毎週スカイプコンサルを行う
超少人数制のグループコンサルに
あなたも参加しませんか?

https://55auto.biz/niceshop/touroku/thread203.htm

◆-------------------------◆

    株式会社  エリアワン

    代表取締役  今泉 武史

◆-------------------------◆

◆ BLOG:『やり直したい社長さんと、ゼロから学びたいあなたのための
       集客教習所』

【あなたのビジネスに集客力を!】

集客教習所というコンセプトでゼロから起業したい方へ
集客を学び直したい真面目な経営者の方にお役立ち情報を
提供しています。

【集客教習所メルマガ】はコチラ

 
 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今泉武史

今泉武史

1973年群馬県桐生市生まれ。   1997年より地元群馬県のスーパーマーケットの惣菜部門で働く。 2年目より1番店を任されて天狗になる。 2年後、競合店が出来、売上急落・・・。 会社の至上命題は3か月以内に売上を100%に戻せ! 「いったい何をどうやったら??」   安売り競争で戦うスーパーだが、作りたての手作り惣菜と弁当に力を入れ一気に売上を盛り返す。 この時に 「お客様が求めているのは安いものではない!お客様が求めるものを提供できれば売上は上がる!」   ということを実感。 その後50店舗、約48億円の惣菜部門の 店舗指導・バイヤーを歴任する。 若手社員が多い部門に、自身が模索した 売上が上がるメソッドを導入し、次々と売上UPする店舗が続出。 売上アップしたノウハウを持って 独立起業したものの、わずか2年で断念。 集客が出来ない苦しさと悔しさを痛感する。 その後、再びサラリーマンに戻る。 ネット通販兼卸売会社でネット向け商品開発と 飛び込み営業を経験する。   お客様は勝手に来る、 と思っていたスーパーマーケット時代と打って変わって、 自分の知恵と足を使って お客様獲得しなければならないことを見を以って知る。   この時に、1年間で約100社の法人顧客開拓をした 経験が後にマーケティング思考に役立つ。 その後東京のコンサル会社からヘッドハンティングされ転職。   2年間東京のマーケティング系コンサル会社に 前橋から2時間通勤で通う。   この会社でたった一人1カ月間で1000万円を売上る。 そしてインターネットマーケティングの力を思い知る。   その後再び独立。   小さな会社・小さなお店の救世主として 日夜コンサルティングに励む。 50店舗のチェーン店の店舗指導の経験に基づいた わかりやすく、成果が出るノウハウと ネットマーケティングのスキルを活用した 集客メソッドを活用して 日々クライアントの会社が復活していく。   クライアント達の中には、宣伝広告費をほとんど使わないで 売上が2倍、3倍、5倍と伸びるものもいる。   また、短期間で結果が出ることから 「今泉マジック」と呼ばれている。  

もっと読み進めたい人気記事

-お店の売上アップ

Copyright© 地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.