blog

Just another WordPress site

58歳「かけ子」逮捕―言葉の違和感の魅力

こんばんは

小さなお店

小さな会社に言葉の力で売上を伸ばす

コンサルタントの今泉武史です。

 

今日のニュース速報に
<奈良県警>中国から詐欺電話 58歳「かけ子」を逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000110-mai-soci
という見出しがありました。

 

なんという違和感でしょう・・・

 

そして、この違和感に魅了されてしまう僕がいます。

 

僕は自分でもコピーを書きます。

コピーを書く時には
言葉が並んだ時に生じる
違和感とか引っ掛かりを作ることに
意識することが多いです。

 

58歳「かけ子」

の持つ違和感、いいですね。

男なのか?女なのか?

この言葉だけでは全くわかりませんが
どうしようもない人間っぽさだけは
ガンガン伝わってきます(笑)

 

この「かけ子」とは
最近はやりの中国からの特殊詐欺の人です。
中国在住でスカイプを活用して
電話詐欺をする人だそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000110-mai-soci

 

この違和感からコピーライティングについて
お話しようと思います。

 

【コピーライティングに必要なこと】

キャッチコピーを見ていただいたら次には、

文章全体を読んでもらうわけですが、
この中に書いていかなければならないのは、

・お客様の持っている悩みへの共感
・あなたの専門性
・問題解決するとどんな世界が広がっているか?
・その問題をどうやって解決していったらよいかの解決策の提示
・具体的な最初の一歩
・オファー
・過去のお客様の声
・自分の想い、ミッション

を入れていきます。

ポイントははじめからうまく書こうとしないこと。

はじめから文章で書こうと思わないこと、

はじめに設計図を作ることです。

 

最初は思いつく単語、フレーズ、

言葉を羅列していきます。

 

それを、同じ分類ごとに、

ひとまとめにしていきます。

 

そこから徐々に文章に練り上げていきます。

パーツパーツで作っておくとよいですね。

出来れば、はじめに、

ゴールまでの設計図を小見出しという形で作っておけると良いです。

 

運営:株式会社エリアワン

代表取締役 今泉武史

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Page Top