1年以内に売上倍増を目指す経営者あなたへ

地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト

初めての方へ

今泉武史の起業物語・・・①

投稿日:

【・・・会社を辞めてきたんだ・・・】

妻:「え?・・・ また、なの?・・・」

僕:「・・・うん・・・」


月末まで あと10日。

僕は、ようやく4回目の退職のことを家内に切りだした。

重い沈黙と
「絶望いっぱいです」という意思表示をするような
妻の深いためいき。

4年間で4回会社を辞めたのだから無理もない。

しかも家内に全く相談しないで辞めることの方が多く
家内は精神的にも相当まいっている様子だった。

「今度こそは・・・」

「次こそは・・・」

という気持ちとは裏腹に、次々と会社を辞めた僕。

正直自分でも限界だった。

「・・・こんなはずじゃない・・・」

自分でも辛かったのだから、家内はもっと大変だったと思う。

会社が変わるたびに減っていく休日と給料。
長くなるサービス残業。
最終的には片道2時間かけて群馬から東京まで通っていた。
朝は6時半に家を出て、帰ってくるのは深夜1時過ぎ。
それでも妻は毎日起きてごはんを用意して待っていてくれた。
きっと僕を心から信じてくれていたのだと思う。
なのに僕は、彼女の心を踏みにじるように会社を辞め続けた。

「スキルアップだよ」

という言い訳。逃げ口実。

片道2時間の通勤をしながら、時々

「このままどうなってしまうのだろう・・・」

という不安に駆られていた。

僕自身、もうどうにもならない不安と
逃げ場のない閉塞感に心が押しつぶされる寸前だった。
そんな気持ちで過ごしていた2008年5月。
ゴールデンウィークは久しぶりに家族で過ごすことができた。

息子は幼稚園に行き始め年少組。
なまじ連休で家族一緒にお正月以来にゆっくりしたので
GW明けは、ちょっとさみしかったのかもしれない。
朝、静かに家を出ようとしている僕の所に走ってきて

「ぱぱ、おしごといっちゃやだよ~しょぼん

と。

僕は一体何をしているのだろうか・・・。
大好きで大切な息子をこんなにもさみしい想いをさせている。

息子を思い切り抱きしめて、

「ごめんね、ごめんね、でも、ぱぱ おしごとにいかなくちゃ」

とベッドに戻し、後ろ髪を引かれる思いで家を出た。

「もう限界だ。

 こんな人生を送るために僕は生きてるわけじゃない!」

そうして僕は大きな決断をした。

4回目の退職だ。

でも、今までの退職とは気持ちが違う。覚悟が違う。

もちろんそれまでも家族を幸せにするために
自分自身を成長させるために会社を転々としてきた。

今度は家族との時間を大切にする生き方をする!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

強い意志の僕には、もう「転職」という言葉は無かった。
退職の意思を上司と社長に伝えた。
会社はベンチャー企業だったので
社長の「わかった」の一言で終わった。
その日の夜家内に伝えた。

仕事の当てなんて全然なかった。

何をどうしようか、わからないけど
辞めることだけを決めてきた。

翌月25日までは給料が出るけど
再来月からは、どうやって家族を食わせていくか?

いきなり崖っぷちのスタート。

独立開業まであと10日。

こうして僕の起業は幕を開けた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今泉武史

今泉武史

1973年群馬県桐生市生まれ。   1997年より地元群馬県のスーパーマーケットの惣菜部門で働く。 2年目より1番店を任されて天狗になる。 2年後、競合店が出来、売上急落・・・。 会社の至上命題は3か月以内に売上を100%に戻せ! 「いったい何をどうやったら??」   安売り競争で戦うスーパーだが、作りたての手作り惣菜と弁当に力を入れ一気に売上を盛り返す。 この時に 「お客様が求めているのは安いものではない!お客様が求めるものを提供できれば売上は上がる!」   ということを実感。 その後50店舗、約48億円の惣菜部門の 店舗指導・バイヤーを歴任する。 若手社員が多い部門に、自身が模索した 売上が上がるメソッドを導入し、次々と売上UPする店舗が続出。 売上アップしたノウハウを持って 独立起業したものの、わずか2年で断念。 集客が出来ない苦しさと悔しさを痛感する。 その後、再びサラリーマンに戻る。 ネット通販兼卸売会社でネット向け商品開発と 飛び込み営業を経験する。   お客様は勝手に来る、 と思っていたスーパーマーケット時代と打って変わって、 自分の知恵と足を使って お客様獲得しなければならないことを見を以って知る。   この時に、1年間で約100社の法人顧客開拓をした 経験が後にマーケティング思考に役立つ。 その後東京のコンサル会社からヘッドハンティングされ転職。   2年間東京のマーケティング系コンサル会社に 前橋から2時間通勤で通う。   この会社でたった一人1カ月間で1000万円を売上る。 そしてインターネットマーケティングの力を思い知る。   その後再び独立。   小さな会社・小さなお店の救世主として 日夜コンサルティングに励む。 50店舗のチェーン店の店舗指導の経験に基づいた わかりやすく、成果が出るノウハウと ネットマーケティングのスキルを活用した 集客メソッドを活用して 日々クライアントの会社が復活していく。   クライアント達の中には、宣伝広告費をほとんど使わないで 売上が2倍、3倍、5倍と伸びるものもいる。   また、短期間で結果が出ることから 「今泉マジック」と呼ばれている。  

もっと読み進めたい人気記事

-初めての方へ

Copyright© 地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.