1年以内に売上倍増を目指す経営者あなたへ

地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト

マーケティング

イトーヨーカドーから学んだ売れる新商品開発方法

投稿日:2017年9月22日 更新日:

こんばんは、今泉 武史です。

先週のメルマガの「絶対に売れる商品開発」が
かなり良い感じの反響でした。

もうちょっと詳しく実務的なお話をします。

僕は以前スーパーマーケットの
惣菜部門で働いていました。

 

バイヤーの仕事もしてました。

スーパーのバイヤーって
メーカー品を仕入れて売ってるだけ
というイメージがあるかもしれません。

が、実際には
惣菜部門は違います。

惣菜は実は各スーパーで微妙に
商品スペックが異なります。

持ち帰り弁当や惣菜店などは
中食産業と言われます。

飲食店が外食。
自分の家で食べるのは内食。
買ってきて食べるのは中食です。

 

中食産業は発想方法や品揃えなどは
飲食店に近いので、
お店によって商品スペックが違います。

差が微妙すぎるのと
中にはメーカーの商品もあるので
ちょっとわかりにくいですが・・・

 

惣菜バイヤーの仕事は
売れる商品開発をすることです。

・何を販売したらヒット商品になるか?
・どんなスペックにしたら売れるか?

をやります。

 

今、いろんな会社へ行っている

【強み発見コンサルティング】

では商品開発の時に行っていた手法を
使っています。

 

今回お話するのは
その前段階のお話です。

「どんな商品を選んだら売れるか?」

です。

 

ここが商品開発の一番の肝
と言っても過言ではありません。

ここでコケると商品開発失敗です。

 

僕はこのノウハウを
持ってない時に
バイヤーになってしまったので
結構手痛い失敗をし続けました・・・

年間で数千万以上チャンスロスを
起こしていました。

 

でもこの方法を知ってからは
年間で3億円以上売上を伸ばしました。

 

食品メーカーのコンサルを
引き受けた時(2社)にも
単品で年商1億円を超える
商品開発を2社で7品は
作ることが出来ました。

 

この方法はヨーカドー出身の
コンサルの先生に学びました。

「IY流 失敗しない商品開発法」

です。

 

IY(イトーヨーカドー)では
商品開発の時に
ある数値を指標に
商品開発を行っているそうです。

 

ここ数年、
ビッグデータを活用した
マーケティングが言われますが
すでに何十年も前から
IYではビッグデータを
活用しています。

 

データの中から

・いつ
・どこで
・何が(何の食材が)
・どのくらい食べられているか?(頻度)
・〇〇比率はどれくらいか?(ここは伏せさせて!(笑))

を調べ、商品開発に活かしてました。

 

超簡単に言ってしまえば
ニーズのリサーチです。

 

ニーズに〇〇比率を掛けると
チャンスロスが見えます。

 

外食産業、中食産業では
このやり方を行えば
かなりの高確率で
売れる商品開発が出来ます。

 

他の業界の方の場合も
ニーズがわかる数値データに
あるデータを掛けあわせると
売れる商品になります。

 

実際に、製造業の直販商品の
商品開発でも
年商2000~3000万円くらいの
商品開発を行ったことがあります。

 

「ニッチ」戦略を取っている方の中には
ニーズのないところで、
戦っている方もいます。

ニッチだと思ったら
お客様が誰もいない所だった・・・

という状態です。

 

自分なりの数値根拠を持つと
売れる売れない判断が出来ます。

 

数値根拠のあるニーズ

×

強み発見ワーク

 

の方法を使うと
商品はもちろん、会社、
パーソナルでも売れる商品が
作れるようになります。

 

ゼロから起業した方でも
広告費ゼロ円だったとしても
起業後3年以内には
年商1000万円を超える人を
コンサルティングしてきました。

 

しかも彼らが数年たっても
ずっと第一線で活躍し続けられているのは
このプロセスを経てきているからです。

 

ニーズに対して
どんな商品を提供するか?

その上で、
ライバルと比べた時に

・埋もれない
・戦わずに勝てる

商品を作ることが出来れば
売れます。

企業として勝ち残ることが出来ます。

 

ブログ・メルマガ・SNSなどの
戦術を始める前に
まず、先に戦略を練りたいですね。

 

 

運営:株式会社エリアワン

代表取締役 今泉武史

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今泉武史

今泉武史

1973年群馬県桐生市生まれ。   1997年より地元群馬県のスーパーマーケットの惣菜部門で働く。 2年目より1番店を任されて天狗になる。 2年後、競合店が出来、売上急落・・・。 会社の至上命題は3か月以内に売上を100%に戻せ! 「いったい何をどうやったら??」   安売り競争で戦うスーパーだが、作りたての手作り惣菜と弁当に力を入れ一気に売上を盛り返す。 この時に 「お客様が求めているのは安いものではない!お客様が求めるものを提供できれば売上は上がる!」   ということを実感。 その後50店舗、約48億円の惣菜部門の 店舗指導・バイヤーを歴任する。 若手社員が多い部門に、自身が模索した 売上が上がるメソッドを導入し、次々と売上UPする店舗が続出。 売上アップしたノウハウを持って 独立起業したものの、わずか2年で断念。 集客が出来ない苦しさと悔しさを痛感する。 その後、再びサラリーマンに戻る。 ネット通販兼卸売会社でネット向け商品開発と 飛び込み営業を経験する。   お客様は勝手に来る、 と思っていたスーパーマーケット時代と打って変わって、 自分の知恵と足を使って お客様獲得しなければならないことを見を以って知る。   この時に、1年間で約100社の法人顧客開拓をした 経験が後にマーケティング思考に役立つ。 その後東京のコンサル会社からヘッドハンティングされ転職。   2年間東京のマーケティング系コンサル会社に 前橋から2時間通勤で通う。   この会社でたった一人1カ月間で1000万円を売上る。 そしてインターネットマーケティングの力を思い知る。   その後再び独立。   小さな会社・小さなお店の救世主として 日夜コンサルティングに励む。 50店舗のチェーン店の店舗指導の経験に基づいた わかりやすく、成果が出るノウハウと ネットマーケティングのスキルを活用した 集客メソッドを活用して 日々クライアントの会社が復活していく。   クライアント達の中には、宣伝広告費をほとんど使わないで 売上が2倍、3倍、5倍と伸びるものもいる。   また、短期間で結果が出ることから 「今泉マジック」と呼ばれている。  

もっと読み進めたい人気記事

-マーケティング
-, , , , , ,

Copyright© 地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.