1年以内に売上倍増を目指す経営者あなたへ

地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト

初めての方へ

小さなお店が勝ち残る方法

投稿日:

こんにちは、携帯集客コンサルタントの今泉です。

メルマガもブログも超久しぶりです(笑)

ぼちぼち社会復帰していきたいと思います!

------------------------------------------------------------
■ 小さなお店が勝ち残る方法
------------------------------------------------------------

 “POPは無言のセールスマン”
 なんて言葉を聴いたことありますか?
 
 僕は小売店の店員として仕事をはじめましたので
 売り場にPOPを置くのは当たり前としてやってきました。

 商品のそばにブラーン、ブラーンと吊り下げられた
 価格や商品説明が書かれた色々な紙。

 最近では、本屋さんでのPOP導入事例が
 紹介されることも多いですよね。

『1枚の紙キレを書籍のそばに置いただけで、売れ行きが倍増!!』
『このPOPが、ベストセラーの火付け役になった!』
『1枚のPOPが、この本のすべてを物語る』

 等々。

 今あらためて、小売・サービス業界で注目を浴びている販促ツールです。

「小さな紙1枚で、本当にそんな効果が出せるの?」

 なんて、疑ってしまいたくなります。

 でも、もしも上記のように、このPOP1枚で、

 ・お店の商品の売上が、今よりも倍増できる
 ・“安売り”をしなくても、商品がどんどん売れる
 ・イチイチ対面販売をしなくても、商品の価値がお客様に伝わる

 これらの事を実現できるのならば、
 ぜひ、その秘密を知ってみたいと思いませんか?

 じつは、このPOP(手書きPOP)を切り口にして
 小さなお店でも、”価格以外の価値”を見い出し、
 売上を上げる方法について、レポートを書かれている方がいます。

 特に今、時代の流れで大型店やチェーン店がどんどん立ち並んでいく。
 それに伴い、商店街には空き店舗が目立ち、
 お客様の流れも大型店舗へ向かっていく。

 「うちのような小さいお店じゃ、とても太刀打ちできない。
  今の時代、”安売り”をしないとお客様が集まらない。
  どうにしかして、価格競争から抜け出したい。」

と、こんなことを思われている方がいるようでしたら、
この方のレポートにご登録してみてください。

⇒ http://ameblo.jp/tegakipop/entry-10953175306.html

『小さなお店に、”価格以外の価値”を生み出す
 手書きPOP 7つの極意』

 このレポートを書いているのは、
 小売店・サロン・飲食店などにPOPのコンサルティングを行っている
 手書きPOPの専門家 臼井(うすい)浩二さんです。

 僕の親友でもあります。

 高知に住んでますが、来月僕の事務所に遊びに来てくれます^^

 彼によれば、

 「価格勝負をするのだったら、大型店には絶対、敵いません。
  小さなお店だったら、小さなお店なりの戦い方があります。」

 と断言しています。

 ・安売りなんて、もういらない
 ・小さなお店なのに行列ができる
 ・価格競争とは無縁の”売れるお店づくり”

 を実現させるのが、手書きPOPなのだそうです。

 たった1本のペンと紙さえあれば実践できるのだから
 お金も時間もかからないし、誰でもできる。

 おまけに、手書きPOPを書くだけで、
 売上が上がってお店の強みになるのなら、試してみたいと思いませんか?

 “商品・サービスの本来の価値をお客様に伝える”という
 観点から言えば、実店舗に限らず、
 ネットでご商売をされている方にも役立つと思います。

 「もう価格競争は、ウンザリだ・・・」と思われているのであれば
 きっと、大きな価値を得られるはずです。

 『小さなお店に”価格以外の価値”を生み出す
  手書きPOP 7つの極意』

 ⇒ http://ameblo.jp/tegakipop/entry-10953175306.html

 無料で手に入れられるそうなので、
 お急ぎくださいね。

 もちろん、集客や商品のコピーライティングもしますが
 僕がもっとも得意としているのはデータ分析と売り場展開です。

 僕のやり方ともちょっと違った方法を使って
 ぜひ売上アップを狙っていってくださいね。

 近日中に臼井さんと対談した音源をアップしたいと思っています。

 まずは、無料レポートをもらってみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今泉武史

今泉武史

1973年群馬県桐生市生まれ。   1997年より地元群馬県のスーパーマーケットの惣菜部門で働く。 2年目より1番店を任されて天狗になる。 2年後、競合店が出来、売上急落・・・。 会社の至上命題は3か月以内に売上を100%に戻せ! 「いったい何をどうやったら??」   安売り競争で戦うスーパーだが、作りたての手作り惣菜と弁当に力を入れ一気に売上を盛り返す。 この時に 「お客様が求めているのは安いものではない!お客様が求めるものを提供できれば売上は上がる!」   ということを実感。 その後50店舗、約48億円の惣菜部門の 店舗指導・バイヤーを歴任する。 若手社員が多い部門に、自身が模索した 売上が上がるメソッドを導入し、次々と売上UPする店舗が続出。 売上アップしたノウハウを持って 独立起業したものの、わずか2年で断念。 集客が出来ない苦しさと悔しさを痛感する。 その後、再びサラリーマンに戻る。 ネット通販兼卸売会社でネット向け商品開発と 飛び込み営業を経験する。   お客様は勝手に来る、 と思っていたスーパーマーケット時代と打って変わって、 自分の知恵と足を使って お客様獲得しなければならないことを見を以って知る。   この時に、1年間で約100社の法人顧客開拓をした 経験が後にマーケティング思考に役立つ。 その後東京のコンサル会社からヘッドハンティングされ転職。   2年間東京のマーケティング系コンサル会社に 前橋から2時間通勤で通う。   この会社でたった一人1カ月間で1000万円を売上る。 そしてインターネットマーケティングの力を思い知る。   その後再び独立。   小さな会社・小さなお店の救世主として 日夜コンサルティングに励む。 50店舗のチェーン店の店舗指導の経験に基づいた わかりやすく、成果が出るノウハウと ネットマーケティングのスキルを活用した 集客メソッドを活用して 日々クライアントの会社が復活していく。   クライアント達の中には、宣伝広告費をほとんど使わないで 売上が2倍、3倍、5倍と伸びるものもいる。   また、短期間で結果が出ることから 「今泉マジック」と呼ばれている。  

もっと読み進めたい人気記事

-初めての方へ

Copyright© 地方都市実店舗のための短期間で売上倍増するプロジェクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.