blog

Just another WordPress site

AI化と小売業・・・アマゾンに駆逐されるな!

こんばんは、今泉武史です。

先月のことですが、
アマゾンがアメリカの高級スーパーマーケットの
ホールフーズを買収しました。

https://goo.gl/Qv6Cbb

 

ホールフーズと言えば
日本で言うところの
紀伊国屋や成城石井、明治屋と言った感じの
高級スーパーです。

 

スーパーの本部に行った年に
アメリカ研修で見学したのを
覚えています。

 

当時、ウォルマート(世界最大スーパーチェーン)に
対抗しているアメリカのスーパーを
見に行きました。

 

ウォルマートと言えば
メーカー直販、安さが強みの
スーパーです。

価格競争に負けないためには
どうしたら良いか??

と言うテーマで見学に行きました。

そのホールフーズが
アマゾンに買収され
価格競争を始めました。

アマゾンの狙いが
どこにあるのか?は
定かではありませんが

価格を下げることによって
スーパーの来店客数を増やし
スマホと連動させながら
顧客リストを取っていくであろうことは
容易に考えられます。

 

アマゾンは試験的に
レジ無のコンビニを
経営し始めています。
(アマゾンGo)
https://goo.gl/HPnJcU

中国のコンビニでも
無人店舗は増えているそうです。

中国の場合は、
万引きや防犯的な観点が強いかも
しれないですね。

 

店舗からレジが無くなるのは
何年も先のAI化の話・・・

などではなく、すでに今ある技術で
充分対応可能です。

スマホと決済タグを連動させることで
レジで会計することなく購入できる日は、
もうすぐそこまで来ています。

 

もしアマゾンが
日本のセブン&アイホールディングスと
手を組んだら・・・

あるいは、コンビニのM&Aを進めて
店舗数を一気に拡大しているファミマと
提携したら・・・

 

膨大な顧客リストがアマゾンに流れます。

あなたが普段
アマゾンで物を買わなくても
そのうちコンビニや
スーパーマーケット経由で
アマゾンからメールや連絡が
届くようになる可能性が高いのです。

 

今後、ネットとリアル店舗の境が
更になくなっていきます。

 

ネット通販会社が
実店舗を試験的に持つ
なんて生易しいことではなく

今まで店舗も持たない、
サービス人員もいらず
運営コストの安いネット通販会社が
本格的に店舗ビジネスに参入する時代が
すぐそこまで来ています。

本気で取り組まれてしまったら
システム、資本力を前に
実店舗の大半は
アマゾンに駆逐されていくことになります。

 

ただでさえ店舗のAI化は
メリットが多いからです。

 

タグとスマホ連動が出来るようになると
今まで店舗ビジネスで起こっていた

・万引きロス
・レジの打ち間違え
・売上を従業員が不正
・売上を最大化させる売場レイアウトの最適化
・商品自動発注
・リアルタイム販売データと発注に合わせた納品
・お客様個人と販売データの連動

といったメリットが生じます。

人手を介すことなく
今までの問題を解決できます。

人手を介すことがないからこそ
解決される、と言えます。

 

コンビニやスーパーの売場は
小さな物流倉庫のような
意味になっていきます。

 

こうなってしまう前に
自分のお店はどうして行ったらよいか?

 

ネット、というよりも
アマゾンに駆逐されないような
強いお店をつくることを
本気で考えるときが来ました。

モノ売りからの脱却をしないと
アマゾンの波に飲み込まれます。

 

 

運営:株式会社エリアワン

代表取締役 今泉武史

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてお読みください

Page Top