blog

Just another WordPress site

催眠を掛けて家を建てた話

 

僕個人のお話です。

小学5~6年生の頃から
潜在意識・右脳教育という言葉に
敏感に反応していた子どもでした。

大学では臨床心理学専攻でした。

なぜかというと、催眠術に引かれたからです。

中学生か高校生の頃、中間テストか期末テストで
早く帰ってきたときに群馬TVを付けました。

その時にめっちゃ古い映像で
催眠術のドキュメンタリー番組が
やっていました。

そこからグッと催眠に心を引かれました。

臨床心理学を学べば
催眠が学べるのではないか?
という期待の元、選びました(笑)

結果的には全然期待する内容ではなく
ゼミにもほとんど顔も出さず
卒論を出した時にも教授に

「君はよくウチのゼミで卒論を
出す気になれたね」

と嫌味を言われるくらい
全然出席してませんでした(笑)

で、家を建てた話です。

2010年の秋に
催眠とNLPのセミナーに
参加しました。

5日間連続+2日間の
合計7日間学ぶ、という
結構ハードなセミナーでした。

そのセミナーに参加する当時、
息子が小学校に
入学する前に家を建てたい
というニーズが
今泉家にはありました。

しかし、その頃はまだ独立して
3期経ってなかったので
どこの住宅メーカーでも
銀行でも

「確定申告が3期終わった時点で
来てください」

と言われていました。

なので、家は建てられないと
思っていました。

で、セミナー時に
お互いに催眠セッションをするときに

「『1年以内に家を建てて住んでいる』

と入れてください」

お願いしました。

心の中では

「出来るもんならやってみろ!」

という感じです(笑)

前置きが長すぎたので
続きは明日お伝えします(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてお読みください

Page Top